【筋トレの最適なタイミング】いつやるのが一番効果があるの?

筋トレ,タイミング,いつやる
The following two tabs change content below.

太田 敏彦

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。

こんにちは。Fit AxisトレーナーのToshiです。

このサイトは、忙しい人でも効率的に健康を獲得していくためのヒントやアイデア、少しでもお役に立てる内容を配信していくサイトです。


一日のうちの、どの時間帯に筋トレをするのか、そのタイミングによって効果が変わるのをご存知ですか?

 

いろいろな物事には、全て最適なタイミングがあります。

 

例えば、食事であれば、『筋トレ後にプロテイン(たんぱく質)を摂った方がいい』というのは有名な話ですよね。

例えば、ストレッチで柔軟性を高めたいなら、運動後やお風呂後など『身体をあたためてからストレッチをした方が効果が高い』のも、想像していただけると思います。

 

このように、何かを行なうとき、『何をやるのか』ということも大事ですが、『いつやるのか』も同じくらい大切です。

 

意外とタイミングよりも、『何をやるのか』ばかりに目がいきがちなんですよね。

「筋トレは、どんなトレーニングをしたらいいの?」とか「何を食べたら痩せられる?」とか。

 

もしかしたら、これを読んでいるあなたも心あたりありませんか?

 

そこで今回は、『いつやるのか』を考えていく上で、とてもいい本を見つけたので、それをご紹介しながら、筋トレの最適なタイミングについて解説していきます。

Whenの科学  (著)ダニエル・ピンク

さて、今回手に取った本は、こちら。


When 完璧なタイミングを科学する

この本は、運動だけに限らず、色々なことを『いつやる』のがもっともベストなタイミングなのかということについて書かれています。

 

先ほども書いたように、私たちは、『何をやればいいか』ばかり考えてしまいがちです。

しかし、仮に正しいことをやっていても、タイミングを外していたら、その効果は少なくなってしまったり、ときには逆効果になることもあります。

 

ですので、最適なタイミングを学ぶ上で、とてもいい本です。

なかなかこういった視点で書かれた本ってないんですよね。

ぜひ、読んでみてください。

 

では、ここからは筋トレのタイミングに絞ってお伝えしていきましょう。

脂肪燃焼をしたいのであれば、筋トレは朝がおすすめ

筋トレをする目的は、人によって違うのではないでしょうか。

 

引き締まった身体がほしいという人もいれば、体力を落としたくないから筋トレをする人もいます。

また、筋トレはアンチエイジングのためにと思ってやっている人もいます。

 

しかし、もしあなたが筋トレを脂肪燃焼目的でやりたいのであれば、朝のタイミングがおすすめです。

Whenの科学によると,朝の運動は、食後に運動したときよりも脂肪燃焼が20%高くなるそうです。

 

かといって、起きてすぐガツガツ筋トレするのは、あまりおすすめしません。

しかし、負荷をおさえたり、ゆっくり動作をするなどして工夫をすれば、朝の筋トレは脂肪燃焼効果はとても高いでしょう。

ですから、もしあなたが減量をしたり、脂肪を燃やしたいのであれば、朝に目が覚めてしばらくしてから、食事を摂るまでので、筋トレするのがおすすめです。

筋肉量を増やしたい場合は、筋トレは午前中がベストタイミング

さて、じゃあ筋肉をもう少しつけたい場合は、いつやるのがいいのでしょうか?

 

答えは、午前中です。

なぜなら、テストステロンという筋肉を作るための成長ホルモンが分泌されるのが、午前中がピークになるからです。

テストステロンは、筋トレをすることで分泌される成長ホルモンです。

アンチエイジングにもとても効果のあるホルモンなので、もし積極的に筋トレ効果を出したいのであれば、午前中にトレーニング時間を作ってみましょう。

実は、午後のタイミングでも筋トレのメリットがあった

じゃあ筋トレは、午後にはやらない方がいいの?って思うかもしれません。

 

いえいえ、心配しなくて大丈夫ですよ!

午後の筋トレにもメリットは、あります。

 

なんだと思いますか?

 

午後に筋トレをやるメリットは、怪我のリスクを抑えられることです。

午後(特に夕方)は、身体の体温や筋温が一番高まります。

つまり、身体にとって一番動きやすい時間帯なんですね。

 

ですから、一番動けるタイミングでの筋トレや運動は、当然ですが、怪我の危険性は低くなります。

【筋トレの最適なタイミング】結局いつやるのがいい?

さて、いかがだったでしょうか。

朝や午前中にやるメリット、夕方にやるメリット、結局、それぞれのタイミングにメリットがあります。

で、結局、いつやるのが一番いいの?って思った方も、もしかしたらいるかもしれません。

 

ですので、さいごにこの本を読んだ上で、パーソナルトレーナーとしての見解を加えて終わりにしたいと思います。

 

結論としては、筋トレはできることなら午後の夕方にやるのをおすすめします。

 

それは、もちろん怪我のリスクを抑えられるということもあります。

しかし、それだけではありません。

実は、今回ご紹介した本には、筋トレや運動の最適なタイミングだけではなく、集中力や判断力など脳のパフォーマンスが最も高いタイミングも記載されています。

 

もちろん脳のパフォーマンスが高いのは、ご存知のとおり、やはり午前中なんですね。

まぁ、この辺りは当たり前でよね。

 

で、もう少し深く解説していくと、筋トレって目的ではなくって、健康を獲得する手段に過ぎないじゃないですか。

ほとんどの人が、健康になった上で、ビジネスや日常生活、ひいては人生を充実させることが最大の目的だと思います。

そうであるなら、わざわざ脳のパフォーマンスが高い午前中にやるのは、もったいないと思いませんか?

 

この辺りは、価値観がわかれるところですが、そう言った理由で、できることなら午後や夕方をベースに筋トレをしてみてください。

おすすめです。

 

しかし、そうはいっても、みんながみんなそのタイミングで筋トレや運動の予定を立てられないという人もいるでしょう。

ですので、結局、筋トレや運動などの一番効果のあるタイミングについては、これしかないかと思います。

その続きは、ぜひ動画をご覧ください。

 

パーソナルトレーニングサポート受付中

腰痛に負けない身体を作っていきたい方に・・

腰痛専門のパーソナルトレーニングサービス概要

ABOUTこの記事をかいた人

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。