ヨーグルトはダイエットに効果ある?おすすめの食べ方を解説!

ヨーグルト,ダイエット
The following two tabs change content below.

太田 敏彦

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。

ヨーグルトダイエットでこれだけは知っておきたい意外な真実

ヨーグルトといえば『乳酸菌』、そして腸内環境に良いというイメージは、誰もが持っているのではないでしょうか?

そのためお通じが良くなるからダイエットにいいとか、なんとなく身体に良さそうだからといって、ヨーグルトを習慣で食べている人も多いはず。



しかし、ヨーグルトの栄養素の割合がどうなっているのかを把握している人は、意外と少ないと思います。



ヨーグルトは、発酵食品ですし、乳酸菌が豊富なので、一定の健康効果があるのは間違いありません。

ただ、あくまで乳酸菌は、補助的なものです。



じゃあ、ヨーグルトに実際に入っている栄養素は、どういうものがあるのでしょうか?

あなたは、今どんな栄養素を思い浮かべましたか?


たんぱく質?カルシウム?



ヨーグルトには、たんぱく質が豊富に含まれているイメージを持たれていますが、これは間違いです。

普通のヨーグルトは、たんぱく質も確かに入っているんですけど、それと同じくらい糖質も入っています。

例えば、あの有名なヨーグルトの栄養素はこんな感じです。

ヨーグルト,ダイエット
ヨーグルトの栄養素

炭水化物(糖質)の方が多いですよね。

これは、無脂肪ヨーグルトでも同じです。

無脂肪ヨーグルトの栄養素

ご存知でしたか??

ちなみに牛乳もカルシウムやたんぱく質のイメージが強いのですが、実は糖質が意外と含まれているように、ヨーグルトも同じなんですね。


プレーンヨーグルトでさえも、そこそこの糖質が入っているので、味付きのヨーグルトなどはもっと入っていることが多いです。

ヨーグルトは、健康のためにと、つい一生懸命食べてしまいがちですが、このあたりは意外と見落とされがちなので、ダイエットのときは気をつけましょう。

ヨーグルトダイエットでおすすめの種類と乳酸菌

ヨーグルトがダイエットにほんとうに効くのかということについては、色々な研究がされています。


そういったのを見ていると、ヨーグルトにダイエット効果は確かにありそうです。

ただ、日頃からヨーグルトを食べている人って、そうでない人と比べると健康意識は高い傾向にあるので、ヨーグルトが効いているのか、他の生活習慣が影響しているのかは分からないため、まだ完全に確定はできなさそうです。


今言われているスタンダードな見解には、肥満の人と健常な人とでは、腸内環境が違うというものがあります。

これについては、テレビでも時々言われていますよね。


肥満の人には、デブ菌が多いとか…


つまり、ヨーグルトを食べることによって、腸内環境が整い、ダイエットに効くという仕組みです。


で、このときに影響してくるのが、どの菌を摂るかということなんですね。

なぜかというと、腸内細菌のバランスや理想の腸内環境も人によって変わるからです。


例えば、テレビなどで『腸内フローラ』という言葉、聞いたことありませんか?

腸内細菌は、1000種類以上の菌の種類がグループごとに腸壁にいて、それを顕微鏡でのぞいてみると、まるでお花畑のように見えるから、そう言われるようになりました。


それだけ腸内細菌は多く、その比率も人によって違うため、どの菌を食べると、また組み合わせるとダイエットに効くのかが、一番影響してきます。


そのため、研究でも人によっては、この菌だと体脂肪が減ったとか、別の菌だと増えたとか言われていて、ここは意見が分かれるところです。


しかし、ビフィズス菌や、最近よく聞くようになったガセリ菌などは、この研究結果によると、意外と成果は良さそうです。


ですからもし試すのであれば、そういった菌が入っているヨーグルトから試すのがダイエットには良いと思います。

パーソナルトレーナーも実践!おすすめのヨーグルトダイエット法

ヨーグルトは、朝食べる方がいいとか、夜食べた方がいいとか、色々と言われています。


いったいどのタイミングで食べるのが良いのでしょうか?



もちろん、好きなタイミングで食べてもいいのですが、ダイエットをするなら間食のタイミングで食べることをおすすめします。


なぜかというと、単純にヨーグルトを栄養素としてみたときに、たんぱく質よりも糖質が多いからです。

栄養素全体で考えると、あくまで嗜好品として付き合うのがベストなんですね。



そして、もし間食にヨーグルトを取り入れるのであれば、できるならギリシャヨーグルトをチョイスするのがおすすめです。


ギリシャヨーグルトは、ヨーグルトをさらに漉して水分を少なくしているので、とても濃厚なんですね。

まるでヨーグルトケーキといっても過言ではないくらい。



しかも、普通のヨーグルトよりもたんぱく質が3倍多く含まれています。


たんぱく質を多く摂ることで、食欲を抑えたり、満足感も高まります。

さらに間食にヨーグルトを食べることで、他の甘いものを食べる誘惑を断ちながら、良質なたんぱく質が補給できるわけですから、まさに一石二鳥ですよね。

ぜひ試してみてください。

他にも間食でおすすめの食品を紹介している記事も書いてありますので、よかったらどうぞ。




僕もコンビニなどで、間食にギリシャヨーグルトをよく買います。

最近は、健康ブームのせいか、たいていのコンビニでもギリシャヨーグルトが置いてあることが多いんですよ。

ギリシャヨーグルト含めたヨーグルト商品は、たいていスイーツの近くに同じように冷蔵で置かれているので、気をつけましょう。

ほんとうにおすすめです!

パーソナルトレーニングサポート受付中

腰痛に負けない身体を作っていきたい方に・・

腰痛専門のパーソナルトレーニングサービス概要

ヨーグルト,ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。