ダイエットで腹筋トレーニングをやる前に知っておきたいこと

ダイエット,腹筋
The following two tabs change content below.

太田 敏彦

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。

お腹周りの脂肪を減らしたい。

お腹のくびれを作りたい。


男性、女性問わず、お腹周りはとても気になる部位の一つだと思います。


そのため、ダイエットするときに、同時に腹筋トレーニングに取り組みはじめる人は多いのではないでしょうか?


そこで今回は、腹筋トレーニングのやり方も含めた、ダイエットで腹筋トレーニングをやる前に知っておきたいことをお伝えしていきます


メタボ気味の方、お腹周りをすっきりさせたい方は、ぜひご参考下さい!

ダイエットで腹筋を割るのに、腹筋トレーニングは、実際効果あるの?

お腹周りの脂肪を削ぎ落とすために、腹筋トレーニングを頑張る人はとても多いように思います。

しかし、実際のところは、腹筋トレーニングをいくら頑張ったところで、お腹周りの脂肪は取れません。


なぜかというと、筋トレをしても脂肪が筋肉に変わるわけではないからです。


そもそも特定の部分の脂肪を減らすということはできないんですね。



もし、お腹周りの脂肪を落としたいのであれば、まず優先すべきなのは、腹筋トレーニングではなく、『食事』に目を向けましょう!


脂肪は、ご存知の通り、食べ過ぎた余分なエネルギーが脂肪として蓄積されます。


ですから、まずは食事のバランスを見直すことが大事なんですね。


このポイントを抑えずに、いくら腹筋トレーニングを歯を食いしばってやっても、効果は得られません。

だから、まずはここをしっかり抑えておいてください。


そして、こういう風に書くと、じゃあ腹筋トレーニングは意味ないのでは?と思う方もいるかもしれません。


しかし、決してそうではありません。


ダイエットでお腹周りの脂肪を落としたいということであれば、食事の方が影響が大きいというだけです。


かならずしも腹筋トレーニングが意味ないわけではないので、安心して腹筋トレーニングも行なってくださいね。

ダイエットに効果的な腹筋トレーニングとそのやり方

腹筋トレーニングにも色々な種類があります。

そのせいか、どれをやるのがいいのか、どの腹筋トレーニングが効果的なのか、迷われている方もいるのではないでしょうか?


基本的には、強度と使う部位が微妙に変わってくるので、正しく行えるものから選ぶというスタンスが大切です。


このブログでもいくつか腹筋トレーニング種目はご紹介しています。

この動画でご紹介しているクランチは、一番ベーシックな腹筋トレーニングです。


少し首が気になるようであれば、下の動画の腹筋トレーニングは、もう少し強度を落としたものになります。

どちらも自宅などで簡単にできるものなので、ぜひ試してみてください。

ぶっちゃけダイエットなら腹筋トレーニングよりもスクワットがおすすめ

さて、腹筋トレーニングのやり方をご紹介してきました。


しかし、もしあなたがダイエットをして、お腹周りの脂肪を落としたい、腹筋が割れているのを少しでも見せたいのであれば、腹筋トレーニングよりはスクワットの方がいいかもしれません。


なぜかというとスクワットは、腹筋トレーニングと比べて全身運動だからです。


私たちは、腹筋を鍛えると、お腹周りの脂肪が落ちて、腹筋が見えるようになると、ついつい思ってしまいがちです。


しかし腹筋が見えるようになるには、最初にもお伝えした通り、食事や体脂肪が大きく影響します。


ですので、食事バランスを見直しながら、スクワットなどで運動を行っていくことによって、ダイエットを効率的にすすめていくことができるんですね。


そして意外と知られていませんが、実はスクワットでも腹筋や体幹周りの筋肉はつかわれています。


しゃがんだり、立ったりするときに、身体(上体)を安定させなければいけません。

このときに体幹が働くんですね。



実際に腹筋トレーニングやスクワットなどのそれぞれのトレーニング種目で、筋活動を調べてみた研究データもありますり、一般的な腹筋トレーニングよりも、スクワットなどの種目の方が体幹の筋活動は多かったそうです。


詳しくは、こちらの記事をご参考ください。



ですからスクワットを正しく負荷をかけて行なえば、一般的な腹筋トレーニングよりも腹筋や体幹周りの筋肉がつかわれます。


「お腹周りの脂肪を落としたいから、腹筋トレーニングしかしない」というのは、あまり効率的ではないので、くれぐれもしないように。。

パーソナルトレーニングサポート受付中

腰痛に負けない身体を作っていきたい方に・・

腰痛専門のパーソナルトレーニングサービス概要

ダイエット,腹筋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。