ゴルフに必要な体幹トレーニングとは。軸ブレしない身体の作り方

ゴルフ,トレーニニグ,体幹,回旋
The following two tabs change content below.

太田 敏彦

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。

ゴルフをやっている方の中に、体幹トレーニングを取り入れている方は、少なくないと思います。

しかし、そのなかで体幹トレーニングの効果をゴルフで実感できている方は、はたしてどのくらいいるでしょうか。

体幹トレーニングはたしかに、ゴルフには効果的です。

しかし、間違った考えで取り組んでいたら、せっかくの体幹トレーニングも効果は出ません。

そこで今回は、ゴルフに必要な体幹トレーニングをご紹介します。

腹筋運動をいくらやっても、ゴルフパフォーマンスは上がらない⁈

体幹の重要性については、ゴルフをやっている方には、今さら言うまでもないでしょう。

体幹という言葉が出始めてだいぶ経ちますので、もはやスタンダードな言葉になっています。

体幹の重要性が広がることは、すごくいいことです。

しかし、なかには、巷で言われている体幹トレーニングを普段やっていても、ゴルフパフォーマンスアップをなかなか実感できない方も少なくありません

なんとなくその言葉を解釈したままトレーニングをしても、それなりの効果しか出ません。

体幹=腹筋・背筋と思い、腹筋や背筋トレーニングだけはやるようにしても、頑張った割に効果は少ないでしょう。

というのも、いわゆる昔ながらの腹筋運動をいくらやっても、ゴルフのスイング動作で、腹筋はそのように使われないからです。

ゴルフのスイング動作と、腹筋を使って背骨を丸めていく動作は、どこも共通点はないですよね?

また、体幹トレーニング=プランクというイメージもありますが、このトレーニングもゴルフにつながるかというと、微妙なところです。

プランク,体幹,腹筋

なぜなら、このプランクというトレーニングには、動作はありません。

そして、体重や重力といった負荷に対して、キープして耐える(固める)エクササイズだからです。

ラグビーやアメフト、格闘技のようなコンタクトスポーツであれば、タックルなど相手の接触の際に、いかにブレないでいられるかという点で、プランクはとても効果的なトレーニングになります。

しかしゴルフスイングの際に、身体を固めていては、しなやかでキレのあるスイングにはつながりません。

ですから、体幹トレーニングが大事だからといって、腹筋運動やプランクなどの剛体化(固める)エクササイズをいくらやっても、ゴルフのパフォーマンス向上にはつながらないんですね。

軸ブレしないゴルファーボディをつくる体幹トレーニングとは

では、どういう体幹トレーニングがゴルフには効果的なのか?

そこで今回ご紹介したい体幹トレーニングがこちらです。

まずは、このように立位でケーブル(チューブでも可)を持ちます。

ゴルフ,体幹,トレーニング

身体の真横にケーブル(チューブ)をセットします。

その場合、身体はケーブル(チューブ)のある方に引っぱられますので、その抵抗に軸がブレないように姿勢を保持しましょう。(この写真の場合、右真横に力を出していきます)

そして、その状態から腕をゆっくり伸ばしていきます。

ゴルフ,トレーニニグ,体幹,回旋

なぜ腕を伸ばすのかというと、理由は2つあります。

1つめの理由は、遠心力が加わり、身体により負荷がかかるからです。

そして、もう1つの理由は、負荷が加わる方向が変わり、より機能的なトレーニングになるからです。

なぜこの体幹トレーニングがゴルフに効くのか?

なぜ、今回ご紹介した体幹トレーニングがゴルフに効くのでしょうか??

それは、ゴルフの競技特性から考えれば、自然と浮かび上がってきます。

ゴルフのスイング動作は、基本的には回旋(捻転) 動作によって成り立ちます。

もしこの回旋(捻転)動作がブレたりすれば、当然スイングは安定しません

ですから、回旋(捻転)動作をするときに軸がブレないようにする、抗回旋動作を交えたトレーニングが大切になります。

このトレーニングで腕を伸ばした理由は、ここにあります。

身体に回転するような負荷をかけて、その負荷抵抗に軸をブラさないように耐えることによって、抗回旋力は高まります。

ゴルフ,体幹トレーニング

イメージとしては、こんな感じです。

真横の位置でケーブル(チューブ)を保持していれば、身体を回転しようという負荷ではなく、真横に引っ張る負荷です。

しかし、腕を伸ばした状態で引っ張る耐えれば、ゴルフに必要な抗回旋能力を鍛えるトレーニングに変わります。

ゴルフで安定したスイングを再現したり、腰痛になることなく、より長く楽しみたいのであれば、回転に対しての負荷に、いかに軸ブレしないかという、抗回旋力を高めることは必須です。

そのためのトレーニングの一つとして、とてもおすすめできます。ぜひ取り入れて下さい!

トレーニングでゴルフパフォーマンスをあげるために知っておきたいこと

今回は軸ブレしないスイングをするために必要な体幹トレーニングをご紹介しました。

体幹トレーニングをやると、ゴルフのパフォーマンスが上がるイメージを抱いている方はとても多いように感じます。

しかし、ゴルフのパフォーマンスアップといっても、飛距離アップなのか、スイングの安定感を獲得したいのかでもトレーニング内容はまったく違います。

トレーニングの原則の一つに意識性の原則というものがあります。

それぞれのトレーニングをどういった目的でやっているのか、こういったことを意識しながらトレーニングメニューを立てたり、トレーニングを行なわないと、なかなか思うような効果って出てこないんですね。

ゴルフのパフォーマンスアップに、筋力トレーニングはたしかに効果的です。

しかし、ただ筋力が上がれば、そして重いモノを持ち上げることができれば、パフォーマンスが上がる訳ではないんですね。

せっかくトレーニングをやる訳ですから、ゴルフパフォーマンスアップに効果的なトレーニングをするうえで、ご参考頂けたら嬉しいです。

追伸 パーソナルトレーニングで効率的な身体作りをしませんか?

パーソナルトレーニング,原宿,千駄ヶ谷,北参道

現在、パーソナルトレーニングは、恵比寿、もしくは原宿・千駄ヶ谷パーソナルジム施設にてお受けしています。

野球選手が素振りだけを練習しないように、ゴルフにおいて良いスイングができるかどうかは、身体の基礎能力に大きく影響します。

それは、単純に筋力や柔軟性を高めればいいという訳ではありません。

連動性(コーディネーション能力)も含めた身体の使い方など、バランスよくトレーニングすることで、怪我のリスクを抑えながら、ゴルフに活きる身体をつくることができます。

Fit Axisは、全米スポーツ医学協会公認・動作改善専門のパーソナルトレーナーが、バランスよくあなたのコンディションを高めて、『ゴルフに活きる動ける身体づくり』をサポートしています。

以下のリンクからサービスの特徴などを確認できますので、ご興味ある方は、ご参考ください。

Fit Axisパーソナルトレーニング|原宿・千駄ヶ谷・恵比寿でサービス内容確認してみる。


LINEでしか配信していない限定公開の動画やお得な情報を配信しています。
問い合わせもLINE対応していますので、ご興味あればお気軽に友達登録してくださいね。
友だち追加
何か気になることあれば、こちらからでもご質問ください。

パーソナルトレーニングサポート受付中

腰痛に負けない身体を作っていきたい方に・・

腰痛専門のパーソナルトレーニングサービス概要

ゴルフ,トレーニニグ,体幹,回旋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。