ゴルファーに必要な背筋を鍛えるトレーニングメニュー【ジム編】

背筋,背中,トレーニング,ラットプルダウン
The following two tabs change content below.

太田 敏彦

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。

フィットネスジムには、たくさんのトレーニングマシンがあります。

初めて行く人であれば、どれが効果的なのかということ以前に、何をどのようにやったらいいかわからないかもしれません。

 

 

こういう場合、トレーニングマシンはすべて同じように見えてしまいます。

しかし、どのトレーニングマシンも等しく効果的かというと、そんなことはありません。

 

もちろんあなたのトレーニングの目的にもよりますが、トレーニングマシンの中にはやらなくていいものや、やらない方がいいものもあります。

 

今回は、ゴルファーで背中の筋肉を鍛えたいときにジムで必ずやっておきたいトレーニングマシンをご紹介します。

ゴルファーに限らず、一般的な健康目的でも必ず取り組んでおきたいトレーニングです。

パーソナルトレーニングでもほぼ必ずトレーニングメニューに入れたりしますので、ぜひやる機会あれば積極的にメニューに入れていきましょう。

ジムで必ずやっておきたい背中をの筋肉を鍛えるトレーニングはこれ!!

ジムに必ずと言っていいほど置いてあるこのトレーニングマシン。

『ラットプルダウン』

これは、『懸垂』と同じ動作のトレーニングです。

ですから基本的には、使う筋肉も同じなんですね。

使う背中の筋肉はこちら、広背筋です。

広背筋,背中,

ただし、『懸垂』と違って、身体を引き上げるのではなく、このように身体を固定した状態で、腕でバーを引いていく動作になります。

背筋,背中、トレーニング,ラットプルダウン

横から見るとこんな感じです。

トレーニング,背中,背筋,ラットプルダウン

顔の前側にバーを通して、顎の下まで引いていきます。

(※横からの写真の場合、バーが真下ではなく、やや斜めに引いているので、もう少し身体を置く位置をやや前側にしてもよかったかもしれませんね。)

なぜラットプルダウンがゴルファーの背中の筋力トレーニングに有効なのか??

今回はゴルファーに必要な背中の筋肉を鍛えるためのジムにあるトレーニングマシンとしてラットプルダウンを紹介しました。

ゴルファーであれば、フィットネスジムでは必ずやっておきたいトレーニングメニューです。

 

その理由は2つあり、『肩甲骨を大きく動かすから』と『その最大可動域での運動(筋力発揮)を求められるから』です。

この理由は特に大事ですから、ぜひ覚えておいてください!

 

なぜかというと、この理由こそが、このトレーニングの最も大事なポイントになるからです。

 

もしあなたが今度ジムに行く機会があれば、このラットプルダウンでトレーニングしている人を注意深く見てください。

たいていの人は、可動域を大きく取らずに、ただ引く動作を繰り返しています。

 

たとえば、顎の下まで引いていなかったり、たとえば、腕を伸ばしきらずにすぐ引く動作を始めたり。

ほとんどがそんな感じで、大きく運動動作をしていないため、肩甲骨を使わず、腕で引いたりしています。

 

しかし、このトレーニングをゴルフに活かすのであれば、しっかり肘を伸ばしきったところから引いていく。

そして、顎の下まで引いたら、また肘をしっかり伸ばしきる。

 

いま自分の身体の動かせる最大範囲で大きく動かさないと、このトレーニングはほとんど意味がありません。

 

ゴルフのスイングでもパワーは下半身から生み出されますが、その生み出されたパワーを十分に活かしきるため人は、上半身の中で特に肩甲骨が動かなければ、力は半減してしまいます。

だからといって、肩甲骨はただ柔らかくすればいいという訳でもありません。

もちろん、逆に、ただ重いものを挙げればいい訳でもないんですよ。

 

動かせる可動域(柔軟性)を広げながら、筋力を高めていく。

これを同時に解決できるのが、『ラットプルダウン』というトレーニングマシンです。

 

とにかく大きく肩甲骨を動かして、トレーニングをする。

一番大事なポイントは、まずはこれです。

ぜひ、これだけでも押さえておいて、積極的に取り組んでください。

 

追伸 パーソナルトレーニングで効率的な身体作りをしませんか?

パーソナルトレーニング,原宿,千駄ヶ谷,北参道

現在、パーソナルトレーニングは、原宿・千駄ヶ谷パーソナルジム施設、もしくは出張にてお受けしています。             

野球選手が素振りだけを練習しないように、ゴルフにおいて良いスイングができるかどうかは、身体の基礎能力に大きく影響します。

 

それは、単純に筋力や柔軟性を高めればいいという訳ではありません。

連動性(コーディネーション能力)も含めた身体の使い方など、バランスよくトレーニングすることで、怪我のリスクを抑えながら、ゴルフに活きる身体をつくることができます。

 

Fit Axisは、全米スポーツ医学協会公認・動作改善専門のパーソナルトレーナーが、バランスよくあなたのコンディションを高めて、『ゴルフに活きる動ける身体づくり』をサポートしています。

→パーソナルトレーニングの詳細を確認する

 

パーソナルトレーニングサポート受付中

腰痛に負けない身体を作っていきたい方に・・

腰痛専門のパーソナルトレーニングサービス概要

背筋,背中,トレーニング,ラットプルダウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。