筋トレでゴルフスイングが鈍くなる?キレのあるスイングに変える秘訣

ゴルフ,筋トレ
The following two tabs change content below.

太田 敏彦

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。

『筋トレをすると身体が重くなる』

 

昔からそう思われていました。

そのため、今でもなお、それを信じている方も少なくないと思います。

筋肉がついてムキムキになると、いかにも身体が重そうだから、身体が重くなるのはとても想像しやすいですよね。

 

実際、パーソナルトレーニングでも、ゴルフをやられている方からこの類のご質問をいただくことはあります。

今回は、それについて解説を加えていきます。

筋トレをすると筋肉が重くなって、スイングが鈍るって本当??

筋トレ

結論からいうと、これは単なる迷信です。

そう言われるようになったのは、単純に筋肉ムキムキの身体が重いように見えるからでしょう。

また、実際スイングが鈍くなった経験があるのであれば、それは筋トレを競技に活かす方法を知らないだけということになります。

 

冷静に考えると、すぐに迷信だということに気づいてもらえると思います。

 

例えば陸上の短距離選手。

自分の体重以上に重いものを扱わないからといって、筋トレをしないかというとそうではありませんよね。彼らの身体が、筋トレをしないと競技力を高められないことを如実に物語っています。

 

また、例えば、ハンマー投げの選手。

『ハンマー投げも回転の力を使って遠くに飛ばす』という意味ではゴルフに似ています。

しかし、ハンマーの重さが10kg以下だから、筋トレするときも10kg以下しか重いものを持たないわけではないですよね。

室伏選手が、ウエイトトレーニングをやった風景をテレビでみたことのある方もいるのではないでしょうか。

 

また私事ですが、ぼく自身もウエイトリフティングをやっていました。

そして出身校の順天堂大学には、年に1回体力測定があり、その1項目に”垂直跳び”があったんですね。

私も含め、ウエイトリフティングをやっていた部員は、垂直跳びを測定する前に、スクワットやスナッチ、ハイクリーンなどをやってから測定して、80cm越えを記録していました。

別に直前に筋トレをやらずに、普通に飛んでも80cm前後は出るんですけどね。

 

このように筋トレは正しく取り組みさえすれば、『動ける身体』を作る上で、必要不可欠な手段です。

 

もしあなたが、スイングが鈍るからといって、筋トレをしないのは、もっと飛距離が伸びたり、スイングがより安定する機会を自分で捨てていることになってしまいます。

筋トレでキレのあるスイングに変える秘訣

筋トレで、キレのあるスイング、ひいてはゴルフのパフォーマンスを高める上で大切なことは、たった一つだけです。

それは、正しい戦略をもってトレーニングをすることです。

つまり、すぐには競技に影響しないことを知っておくこと、コレに尽きます。

 

当たり前のように聞こえますが、本当に大事なんですよ。

 

多くの人は、昨日筋トレやったから、今日どんな影響が出るかなと考えて、スイングのときに身体が重かったら、効果がないと思い込んでしまいます。

しかし、もしそういった結論を出すのであれば、考えないといけないことはありますよね。

 

それは、『ただ単に疲労しているだけ』という可能性を排除すること。

筋トレをするとスイングが鈍くなったという経験のある人は、たいてい、疲れが残っているだけか、もしくは力をスピードに転換できていないケースが多いです。

 

そして、力をスピードに転換するトレーニングを行なうにしても、ベースの筋力や、正しい身体の使い方ができていないと、スピードに転換できずに、キレのあるスイングには変わりません。

力をスピードに転換する筋トレは、『【効果を体感!!】ゴルフの飛距離アップで取り組みたいメディンボールトレーニング』でも少しお伝えしていますので、ご参考ください。

 

いずれにしろ、筋トレでキレのあるスイングに変えるには、中長期のマクロ視点でトレーニング戦略を立てて、それをこなしていき、体感できるものです。

昨日やったからとか、先月はたくさん筋トレをやったからとか、そういうことではあまり効果を体感できないでしょう。

 

ベースとなる最低限の筋肉をつけて、筋力強化して、力を生み出すときの関わる筋繊維の数を増やして、そして、その力をスピードや競技的な動作に転換する。

それができると、いまとは全く違ったキレのあるスイングを体感でき、その効果に驚くと思います。

 

ですから、ゴルフをしている方をたくさん見てきて思うことは、キレのあるスイングに変えるためには、正しいトレーニング戦略を持つことから始めないといけません。

どのトレーニングをやったからとか、どれくらいの重さでやったからということではないんですね。

 

でないと、最近筋トレをやっているのに、どうも効果がないなーと思って、本来であればすごく効果のある筋トレを意味がないものと、間違った判断をすることにつながってしまいます。

 

ゴルフパフォーマンスアップのためには筋トレが必要不可欠

『筋トレをすると身体が重くなる。』

昔からこういうことが言われがちですが、こういった結論を出すのであれば、あらゆる例外を排除するのが鉄則です。

でないと間違った考えに振り回されてしまいます。

 

短距離選手は、自分の体重しか使わないから、筋トレをしないでしょうか。

ハンマー投げ選手は、ハンマーが10kg以下しかないから、それ以上の筋トレをしないようにしていますか??

ウエイトリフティングの選手は、重量級の選手でも、垂直跳びで80cm前後は跳べます。

身体はたしかに重いはずですが、動作は軽いのは、今も昔も変わっていません。

 

もしあなたがゴルフでキレのあるスイングに変えて、飛距離を高めたり、スイングを安定させたいのであれば、ゴルフ特有の数秒でパワーを発揮するという競技特性を考えると、筋トレは必要不可欠な手段になります。

昔から筋トレをすると重くなると言われているから、筋トレをしないという選択は、とても勿体ないので、くれぐれも信じないように。

 

追伸 パーソナルトレーニングで効率的な身体作りをしませんか?

パーソナルトレーニング,パーソナルトレーナー

現在、パーソナルトレーニングは、原宿・千駄ヶ谷ジム施設にてお受けしています。             

ただ筋力や柔軟性が高まれば、ゴルフパフォーマンスが上がるわけではありません。

筋力や柔軟性というのは、あくまで1つの条件です。

 

動作改善専門のパーソナルトレーナーが、バランスよくあなたのコンディションを高めて、『動ける身体づくり』をサポートしています。

→パーソナルトレーニングの詳細を確認する

 

パーソナルトレーニングサポート受付中

腰痛に負けない身体を作っていきたい方に・・

腰痛専門のパーソナルトレーニングサービス概要

ゴルフ,筋トレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【全米スポーツ医学協会公認のパーソナルトレーナー】【動作改善のスペシャリスト】 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業。 卒業後、身体をより良くするためには、なぜ人の身体が壊れるのかを知らないといけないと考え、オリンピックトレーナーの治療院で経験を積む。 その後独立。 そういった経験から、ただ魅せる身体作りをするのではなく、『スタイリッシュでかつ動ける身体』づくりをサポートするため、パーソナルトレーニングやセミナー活動、当サイトFit Axisメディアを運営している。分かりやすいトレーニング指導とコンディショニング整体を組み合わせる効率的なパーソナルトレーニングセッションや、豊富な事例から導き出されたセミナーが実践的だと好評。過去には最大700名の前でのセミナー実績がある。